カート

閉じる

公式サイト限定 4/30まで5%OFFクーポン配布中! 詳細はこちら

Snapmaker2.0 3Dプリントの機能レビュー

Snapmaker2.0 3Dプリントの機能レビュー

みなさんこんにちは!Snapmaker Japanの中の人(@SnapmakerJ)です。

 

今回は3Dプリント機能についての中の人の独断と偏見による勝手なレビューをしたいと思います(笑)

★1〜★5までの5段階評価で評価をつけます。中の人の本音も交えた評価をぜひご覧ください!

 

【3Dプリントの品質について】・・・★4

3Dプリントの品質ですが、こちらは★4です。

FDM方式の3Dプリンターの中ではクオリティが高く、積層跡もSnapmaker Lubanの設定次第ではほとんど分からないように設計されています。

 ★4の理由としては、やはり高価格帯のFDM方式の3Dプリンターと比べると印刷品質は少し劣っています。

しかし、Snapmakerの強みとしてサポート材なしでここまで綺麗に印刷できるという特徴があります。

 

【印刷時間について】・・・★3

印刷時間は設定や印刷したい物にもよるのですが、中の人の体感として長いと感じたため、★3にしました。(笑)

写真には写っていないですが、想定されていた3時間よりも1時間オーバーして印刷が終わるのは少し残念でした。

 

【印刷の難易度について】・・・★5

印刷難易度に関してはとても簡単でした。Snapmaker2.0の専用ソフトウェアである、Snapmaker Lubanを用いて印刷を行いましたが、日本語対応もしているため、とても簡単に印刷まで行うことができました。

 また、Wi-Fiを経由してケーブルを繋ぐことなく SnapmakerとPCを接続できるため、ストレスなく印刷まで行えました。

 

【印刷時の音について】・・・★3

音はお世辞にも静かとは言えないです。中の人机の隣でSnapmaker2.0が稼働していましたが、かなり音が大きいです・・・しかし、Snapmaker2.0 専用ケースを使うことで騒音問題も解決できるため、★3にしました。

Snapmaker2.0専用ケースはLEDライトや排気ファンを搭載し、内部の温度を一定に保つことができることから、ABSなどのフィラメントを用いて3Dプリントする際にも最適です。

 

今回はSnapmaker2.0の3Dプリント機能に関してのレビューでした!

皆さんも楽しいSnapmakerライフをお送りください!