カート

閉じる

産業応用における3Dプリンター導入事例:株式会社GRIPS

株式会社GRIPSでお使いいただいている3Dプリンター

 

※Snapmaker A250はメーカー生産終了しております。後継機種はSnapmaker A250Tとなります。

3Dプリンター導入事例

株式会社GRIPS(所在地:千葉県流山市、代表取締 森田 康)は創業当時から3Dプリンターを使用して、顧客向けに工場やラボなどで利用する小さなジグの設計、造形にSnapmaker2.0 A250を活用しています。

当社では、小型のロボットアームやオープンソース技術を組み合わせた「ちょっとした自動化」の提案を主に製造業のお客様向け行っております。その活動の中で、様々な形状の専用ジグ、少量多品種のパーツ、将来製品となる部材の試作が必要になるのですが、板金や金型でのジグ製造となると、自社内での製造やアウトソーシングにかかる費用が課題となる場合が多々発生します。

少量多品種対応や、デザインが非常に速いサイクルで変化するような案件に対して、Snapmakerによる造形は特に優位性があります。造形物の用途によっては、それほど高い強度を必要としないこともあり、PLAでの造形で十分対応できる場合はほとんどです。他社製のFDM型3Dプリンターを使用したこともありますが、いくつかのタイプを比較した中でも、Snapmakerは造形精度や造形物の外観の美しさは群を抜いて高品質でした。

某製造業向けのジグ試作

 

自社製品用パーツ造形

  

教材用パーツ造形

  

造形中の写真

 

当社では、自動車産業のお客様をはじめ、自社オリジナル製品や次世代STEM教材の開発、さらには将来の医療分野への応用を見据えた研究、プロトタイピングにも広くSnapmakerを活用しています。

今後も製造現場向けのソリューション提案を中心として、様々な産業分野にSnapmakerを活用した工程改善や、スマート化の提案を支援してまいります。


株式会社GRIPS概要

代表取締役 森田 康(もりた やすし)

所在地:千葉県流山市後平井170-421

公式サイト:

https://grips.co.jp/

Facebook:

https://www.facebook.com/GRIPSinc/

設立日:2019年(令和元年)6月3日

主な取引先(敬称略):トヨタ自動車、デンソー、アイシン、JTEKT、島津製作所、村田製作所、オムロン、大日本印刷、京セラ、室蘭工業大学、岩手大学、岩手県立大学、東京大学、東京理科大学、大阪府立大工専、京都市立芸術大学、茨城高専、沼津工業高校、世田谷区立桜ケ丘中学校、奈良文化財研究所、CoderDojo Japan、Code For Japanなど

 

GRIPSは日本STEM教育学会の賛助会員です。
会員番号:320201102

 

https://www.j-stem.jp/