カート

閉じる

Snapmaker2.0 専用ケース付属の数量限定パッケージ販売中! 詳細はこちら

★ ★ ★ ★ ☆

1件のレビュー

送料無料 税込価格

Sold out

Snapmaker2.0は海外のクラウドファウンディングKickstarterで$7,850,866(約8億円)の出資を調達した3Dプリンターです。

Snapmaker2.0はモジュールを組み替えることで、3Dプリンター、CNCマシン、レーザーカッター(刻印機)としてご使用可能です。

【安心の日本仕様】

日本語マニュアル&日本語タッチパネルの日本正規代理店モデル

国内12ヶ月保証&安心日本語サポート】

正規代理店限定の12ヶ月保証が付属し、日本国内での修理に対応

【国内倉庫より出荷】

日本国内の倉庫より送料無料にて2営業日以内に出荷

平日12:00までのご注文は当日出荷、それ以降のご注文は2営業日以内に出荷

Snapmaker2.0は海外のクラウドファウンディングKickstarterで$7,850,866(約8億円)の出資を調達した3Dプリンターです。

Snapmaker2.0はモジュールを組み替えることで、3Dプリンター、CNCマシン、レーザーカッター(刻印機)としてご使用可能です。

【安心の日本仕様】

日本語マニュアル&日本語タッチパネルの日本正規代理店モデル

国内12ヶ月保証&安心日本語サポート】

正規代理店限定の12ヶ月保証が付属し、日本国内での修理に対応

【国内倉庫より出荷】

日本国内の倉庫より送料無料にて2営業日以内に出荷

平日12:00までのご注文は当日出荷

  • 製品情報
  • スペック詳細
  • ダウンロード
  • ユーザーの声

Snapmaker2.0 3in1 3Dプリンター

Snapmaker2.0は世界中で年間5万台以上の売り上げを誇る3in1 3Dプリンターです。

全てが生まれ変わったSnapmakerで創造の旅を始めましょう。

 

3Dプリント


Snapmaker 2.0は入門用だけではなく、模型製作などのホビーやデザイン、

エンジニアリングのプロトタイプ作成にも最適です。

レーザー刻印&カット


従来の3Dプリンターは3Dプリントしかできませんでしたが、Snapmaker 2.0は全く違います。

モジュール構造により、カメラのレンズ交換のようにSnapmakerの機能を素早く変更することができます。

レーザー彫刻やカッティングを使って、さまざまな種類の美しく芸術的な作品を生み出しましょう。

CNC彫刻



Snapmaker 2.0はCNCモジュールに交換することで精密な2.5Dや3Dオブジェクトを作成することもできます。

前モデルよりもはるかに広いワークスペースを持ち、より本格的な作品制作が可能です。

ER11コレットの採用


強度のあるER11 コレットで、より早いカービングもこなせます。​
 また、100種類以上のビットに対応しています。​

土台と留め具


Snapmaker2.0にはMDF板が付属しており、
カービング作業時にビットによるベッドへの損傷を防ぎます。

防塵機構


Snapmaker2.0のラインモジュールは密閉的な防塵デザインに改善され、
埃の堆積問題も心配なくなりました。

CNC彫刻の回転速度


Snapmaker2.0のドリルの回転速度は、6000〜12000RPMとなっており、より細かな造形ができるようになっています。

Snapmaker2.0 3つの世界一

世界1位

Snapmakerは複合型の機能を持った3Dプリンターとして、世界一の販売台数と売り上げを誇っています。

※2020年12月調べ

米国1位

米国クラウドファウンディング Kickstarterで、3Dプリンター部門として8億円の最高記録を保持しています。

日本1位

3-in-1の3Dプリンターの中で日本国内で多数の支持を得ており、売り上げ・販売台数共に日本一です。

プリント、加工可能な素材

3Dプリント

レーザー刻印

CNC彫刻

Snapmaker Luban

Snapmakerをお買い求めのお客様は、無料でSnapmaker Lubanというソフトウェアをご利用いただけます。
3D印刷、レーザー彫刻/切断、CNC彫刻がSnapmaker Lubanを使えば簡単に設定できます。
また、
Snapmaker Lubanは定期的なアップデートを行なっています。
 

直感的なUI

Snapmaker LubanのUIはとても直感的です。

3D CAMソフトを初めて扱う方でも簡単に使えるようにできています。

日本語対応

Snapmaker Lubanは日本語対応です。

また、バージョンアップも定期的に行っているため、安心してご利用いただけます。

カメラキャプチャ

Snapmaker Lubanはレーザー刻印時、カメラキャプチャを行います。

モデルを背景画像にドラッグし、選択するだけで簡単に刻印が行えます。

Snapmaker専用の印刷設定

Snapmaker Luban独自のカスタム印刷設定を使えば、素材の厚さを設定するだけで簡単に印刷ができます。

 

3-in-1の設定が可能

Snapmaker Lubanがあれば3Dプリント、レーザー刻印、CNC彫刻の設定がLubanのみで行えます。

設定も簡単で、すぐにご利用可能です。

複数の彫刻モード

白黒、グレースケールなどの設定をすることで、お好みの彫刻設定で刻印可能です。

勿論、刻印前に確認することもできます。

豊富なサイズ展開

Snapmaker 2.0は3つのサイズを展開。

用途やプロジェクトの規模に応じたサイズを選択可能です。

本体サイズ

A150

A250

A350

フレーム素材

アルミ合金

接続

Wi-Fi、USB接続、USBフラッシュ

タッチスクリーン

5インチ Android OS

Quad Core A7 CPU @ 1.1GHz

ソフトウェア

Snapmaker Luban

※サードパーティ製ソフトウェアでのGCODEファイルの生成も可能です。

対応OS

macOS, Windows, Linux

電源

320W

保証期間

12ヶ月


3Dプリント

造形サイズ

A150

A250

A350

積層解像度

50 - 300ミクロン

ノズル温度

最大275℃

サポートする素材

PLA, ABS, TPU, Wood Filled PLA

ヒートベッドの温度

A150: 最大110°C
A250: 最大100°C
A350: 最大80°C

対応フォーマット

STL, OBJ, SNAP3DP

処理可能フォーマット

GCODE

造形サイズ

A150:160×160×145mm
A250:230×250×235mm
A350:320×350×330mm

レーザー

A150

A250

A350

カメラ

内蔵カメラ

レーザー出力

1.6W

レーザー波長

450nm

レーザーの安全クラス

クラス4

サポートする素材

木材、皮革、プラスチック、繊維、紙、不透明アクリル

対応フォーマット

SVG, JPEG, PNG, JPG, BMP, DXF, SNAPLZR

処理可能フォーマット

NC

CNC

A150

A250

A350

シャンク経

0.5mm - 6.35mm (0.02 - 0.25 inches)

回転速度

6,000 - 12,000 RPM(秒速約100回転)

サポートする素材

木材、アクリル、 PCB、 カーボンファイバーシート、ヒスイ

対応フォーマット

SVG, JPEG, PNG, JPG, BMP, DXF, SNAPCNC

処理可能フォーマット

CNC

ソフトウェア

Snapmaker Luban

 

上記のファイルはVersion 3.12.3 (安定版)です。

日本語マニュアル サンプル

Snapmaker2.0 ユーザーの声

流石の造形クオリティです

ご購入モデル:Snapmaker2.0 A250

お名前:てご様

SnapmakerはSnapmaker Originalの頃から使っていましたが、2.0になって造形クオリティが大きく上がったことに感動しています。

その他にも3Dフィラメントを挿入する際も自動で挿れることができるようになり、ストレスなく動かすことができる点はとても便利だと思いました。こういった細かいところに気遣いを感じます。

上記の点から、初めての人にはおすすめなんじゃないか?と個人的には思います。以前使っていた3Dプリンターはフィラメントを手動で入れないといけなかったので・・・以前使っていた3Dプリンターはフィラメントを手動で入れるのが面倒で結局使わなくなっていましたが、これなら長期間使えそうです。

レーザーに関しては、かなり強力なので注意が必要です。薄い木材なら焼き切れるくらい強力なので、付属のゴーグルが必須になります。今度インテリア用に買った木の箱に刻印をしてみる予定です。

CNCはまだ使っていませんが、今後使ってみようと思います。

SnapmakerはSnapmaker Originalの頃から使っていましたが、2.0になって造形クオリティが大きく上がったことに感動しています。

その他にも3Dフィラメントを挿入する際も自動で挿れることができるようになり、ストレスなく動かすことができる点はとても便利だと思いました。こういった細かいところに気遣いを感じます。

上記の点から、初めての人にはおすすめなんじゃないか?と個人的には思います。以前使っていた3Dプリンターはフィラメントを手動で入れないといけなかったので・・・以前使っていた3Dプリンターはフィラメントを手動で入れるのが面倒で結局使わなくなっていましたが、これなら長期間使えそうです。

レーザーに関しては、かなり強力なので注意が必要です。薄い木材なら焼き切れるくらい強力なので、付属のゴーグルが必須になります。今度インテリア用に買った木の箱に刻印をしてみる予定です。

CNCはまだ使っていませんが、今後使ってみようと思います。


製品情報

Snapmaker2.0 3in1 3Dプリンター

Snapmaker2.0は世界中で年間5万台以上の販売台数を誇る3in1 3Dプリンターです。
全てが生まれ変わったSnapmakerで創造の旅を始めましょう。

3Dプリント


Snapmaker 2.0は入門用だけではなく、模型製作などのホビーやデザイン、

エンジニアリングのプロトタイプ作成にも最適です。

レーザー刻印&カット


従来の3Dプリンターは3Dプリントしかできませんでしたが、Snapmaker 2.0は全く違います。

モジュール構造により、カメラのレンズ交換のようにSnapmakerの機能を素早く変更することができます。

レーザー彫刻やカッティングを使って、さまざまな種類の美しく芸術的な作品を生み出しましょう。

CNC彫刻


Snapmaker 2.0はCNCモジュールに交換することで精密な2.5Dや3Dオブジェクトを作成することもできます。

前モデルよりもはるかに広いワークスペースを持ち、より本格的な作品制作が可能です。


Snapmaker2.0 3つの世界一

世界売上1位


Snapmakerは複合型の機能を持った3Dプリンターとして、世界一の販売台数と売り上げを誇っています。

※2020年12月調べ

米国1位


米国クラウドファウンディング Kickstarterで、3Dプリンター部門として8億円の最高記録を保持しています。

日本1位


3-in-1の3Dプリンターの中で日本国内で多数の支持を得ており、売り上げ・販売台数共に日本一です。

3Dプリント

レーザー刻印&カット

CNC加工

Snapmaker Luban

Snapmakerをお買い求めのお客様は、無料でSnapmaker Lubanというソフトウェアをご利用いただけます。
3D印刷、レーザー彫刻/切断、CNC彫刻がSnapmaker Lubanを使えば簡単に設定できます。
また、
Snapmaker Lubanは定期的なアップデートを行なっています。

直感的なUI

Snapmaker LubanのUIはとても直感的です。

3D CAMソフトを初めて扱う方でも簡単に使えるようにできています。

日本語対応

Snapmaker Lubanは日本語対応です。

また、バージョンアップも定期的に行っているため、安心してご利用いただけます。

カメラキャプチャ

Snapmaker Lubanはレーザー刻印時、カメラキャプチャを行います。

モデルを背景画像にドラッグし、選択するだけで簡単に刻印が行えます。

Snapmaker専用の印刷設定

Snapmaker Luban独自のカスタム印刷設定を使えば、素材の厚さを設定するだけで簡単に印刷ができます。

3-in-1の設定が可能

Snapmaker Lubanがあれば3Dプリント、レーザー刻印、CNC彫刻の設定がLubanのみで行えます。

複数の彫刻モード

白黒、グレースケールなどの設定をすることで、お好みの彫刻設定で刻印可能です。

勿論、刻印前に確認することもできます。

豊富なサイズ展開

Snapmaker 2.0は3つのサイズを展開。

用途やプロジェクトの規模に応じたサイズを選択可能です。

スペック詳細

本体サイズ

A150

A250

A350

フレーム素材

アルミ合金

接続

Wi-Fi、USB接続、USBフラッシュ

タッチスクリーン

5インチ Android OS

Quad Core A7 CPU @ 1.1GHz

ソフトウェア

Snapmaker Luban

※サードパーティ製ソフトウェアでのGCODEファイルの生成も可能です。

対応OS

macOS, Windows, Linux

電源

320W

保証期間

12ヶ月

3Dプリント

A150

A250

A350

積層解像度

50 - 300ミクロン

ノズル温度

最大275℃

サポートする素材

PLA, ABS, TPU, Wood Filled PLA

ヒートベッドの温度

A150: 最大110°C
A250: 最大100°C
A350: 最大80°C

対応フォーマット

STL, OBJ, SNAP3DP

処理可能フォーマット

GCODE

造形サイズ

A150:160×160×145mm
A250:230×250×235mm
A350:320×350×330mm

レーザー

カメラ

内蔵カメラ

レーザー出力

1.6W

レーザー波長

450nm

レーザーの安全クラス

クラス4

サポートする素材

木材、皮革、プラスチック、繊維、紙、不透明アクリル

対応フォーマット

SVG, JPEG, PNG, JPG, BMP, DXF, SNAPLZR

処理可能フォーマット

NC

CNC

A150

A250

A350

シャンク経

0.5mm - 6.35mm (0.02 - 0.25 inches)

回転速度

6,000 - 12,000 RPM(秒速約100回転)

サポートする素材

木材、アクリル、 PCB、 カーボンファイバーシート、ヒスイ

対応フォーマット

SVG, JPEG, PNG, JPG, BMP, DXF, SNAPCNC

処理可能フォーマット

CNC

ダウンロード

ソフトウェア

Snapmaker Luban

 

上記のファイルはVersion 3.12.3 (安定版)です。

日本語マニュアル サンプル

レビュー

Snapmaker2.0 商品レビュー

★ ★ ★ ★ ☆

ご購入モデル:Snapmaker2.0 A250

てご様 投稿日:2021年1月5日

SnapmakerはSnapmaker Originalの頃から使っていましたが、2.0になって造形クオリティが大きく上がったことに感動しています。

その他にも3Dフィラメントを挿入する際も自動で挿れることができるようになり、ストレスなく動かすことができる点はとても便利だと思いました。こういった細かいところに気遣いを感じます。

上記の点から、初めての人にはおすすめなんじゃないか?と個人的には思います。以前使っていた3Dプリンターはフィラメントを手動で入れないといけなかったので・・・以前使っていた3Dプリンターはフィラメントを手動で入れるのが面倒で結局使わなくなっていましたが、これなら長期間使えそうです。

レーザーに関しては、かなり強力なので注意が必要です。薄い木材なら焼き切れるくらい強力なので、付属のゴーグルが必須になります。今度インテリア用に買った木の箱に刻印をしてみる予定です。

CNCはまだ使っていませんが、今後使ってみようと思います。

ネットでいろんな3Dプリンタが蔓延している中、この商品を選んだ

ご購入モデル:Snapmaker2.0 A350

お名前:isobe様

Amazonでは中華製の謎の3Dプリンタが蔓延しており、何を選んでよいか全くわからない・・・。

Snapmakerはある程度実績があり、かつ知名度も上がっていたので飛び込んでみた、という感じです。

A350はZ軸が二軸であり、安定性が高そうに見えた、そしてモジュール交換により将来的にも様々な機能が使えることがとても魅力的だったから購入した。
実際に使って、比較的メンテナンスの手間が少ない(オードレベリングは非常に便利)、またソフトウェアが非常にわかりやすく使いやすい、万一故障してもモジュール交換ですぐに直せる点が良かった。


のいいものを求めて購入し、本体も道具も素晴らしいと実感

ご購入モデル:Snapmaker2.0 A150

お名前:takeotaの物欲し雑記帳様

3Dプリンターでちょうど色々作りたいなと思っていた時にsnapmakerのことを知りました。日常生活で使う小物や自分の趣味のものなど、色々と作っています。
初心者でもすべての道具が入っていてオールインワンなところと、本体の質の高さが素晴らしいと思います。印刷が上手く出来なくても基本的に機械のせいではないため、結果として早期に問題解決が図れると考えています。


初めてのFDM方式3Dプリンター、噂と違った

ご購入モデル:Snapmaker2.0 A250

お名前:くらはし様

FDMの感想としては、FDMを使うのは初めてなのですが、噂に聞くような「朝起きたらモジャアと山が出来ていた」というようなトラブルは一度もなく、これもSnapmakerの剛性の高さ故だと思っています。

CNC設定に難あり?

ご購入モデル:Snapmaker2.0 A350

お名前:ふー様

日本に出回っているちゃんとしたCNC彫刻機がなかったため購入。精度事態はとても高いですし、満足しています。

しかし、CNC彫刻を行う範囲を確認する際、留め具とミルが当たってしまい、ミルが折れてしまいました。自分の凡ミスによる失敗ではありますが、留め具やネジの高さがかなりあるため、設計上の問題も少しあるのでは・・・?と思ってしまいます。

幸いケースも同時購入したため、怪我などはなかったですが、簡単にミルが折れてしまったのは正直ショックでした。